次はこの六葉と同じものを2個製作します。この六葉は小さいですがなかなか良い六葉です。
六用のクセ付け用のアテを製作します。大きさの型を取り、12ミリの鉄板に貼り付けてコンテで切り抜きます。そして胴の地金1ミリを2枚地取りしてクセ付けていきます。
ここからの仕事方法は職人によって色々ですので、曲げ方は詳しくは載せません。
あら曲げが大分出来た状態。
槌で整えて、最後にヤスリを当てます。
仕上げをして、曲げの部分はこれで終わり。
イノメを穴あけて彫りを彫っていきます。
彫りが彫れた状態。
この六葉は上等なので、敷き座があります。無地ですが、これを2枚製作します。
出来た状態。
菊座の製作へと入ります。これがやっかい。見本は鋳物で、表面をヤスリ仕上げしてあります。私は3ミリの地金で製作することに決めました。
外形をタガネを入れて葉のケガキ線を入れます。
葉1枚1枚にくぼみをタガネで押し込んでおきます。
外形を切り抜いて
木の凹みを使って棒槌でこぼめます。
こぼめた菊座を更に縁をこぼめて形付けていきます。
葉の凹みをヤスリで仕上げていきます。
菊座が完成。
上げ座も2枚作ります。
六葉のアタマを製作していきます。アタマに彫りが入っているので、同じ様に彫っていきます。
アタマの彫りが完成。
型取りをして、アタマの筒を作ります。
角材を叩いて足を製作し、アタマと足と筒を同時にロウ付けして完成。
出来上がったものを組んでみた。やはり少し違うところはあるが、製作予算のことを考えるとこんなものかな。
これは六葉の敷座一枚だけの製作です。