錠前の中身の製作に入ります。
バネと中敷の引っ掛かり部分を製作して、細かい鍵の調製をします。
鍵部分の調整は終わったので、両サイドの底の部分を製作してロウ付け。
最後に、真ん中の底の部分を製作して、ハンダ付け。
あら取りして、仕上げていきます。
完成。
また、灯篭の製作を嫁さんと開始します。2体頼まれましたので、同時に製作。まずは足から地取り。
前に製作した後門柱。同業者さんから、柱の裏に隙間ができるので、その分金具を足して欲しいと頼まれました。先方さんがメッキした後門柱、予算がないと聞いていたが、バリ仕上げ・・。仕方ないが、磨いて欲しかったなぁ。
破風の透かし金具を頼まれましたので、まず下絵を描いて、もう1パターン図案を描いて、どちらか選んでもらいます。
灯篭の方は、2本分の足の部分の製作が終わって、
土台と胴の骨組みを製作して、組み付けていきます。
屋根、ノスジ、ワラビと取り付けていきます。
透かしの破風の金具の製作開始。図案を写して、1,2の厚みの銅をタガネで抜いていきます。まず拝みの部分、1枚抜いてみます。なかなか大変・・。
チラシの部分。真ん中に紋を入れます。
まだまだありますので続けてやっていきます。
六文銭の紋を製作して、このような形で上に乗ることになります。
こちらも同業者さんから急ぎで頼まれた仕事。同じワラビを6個と、ツバメ6匹、破風の金具が途中ですが、止めておいて、急いで製作します。
ツバメも、見本と大体同じにして欲しいとの事なので、図案から描きます。
本体打ち込み用の台を製作して、打ち込んでいきます。
あら出し。
きめ出し。
しめて、下側は打ち出し完成。続けて頭の部分を打ち出していきます。
ツバメの頭の部分も打ち出して、
上下合わせて、形にします。