唄の製作に入ります。現在は、この大きさの唄だとプレス製(既製品)がありますが、宮大工さんのこだわりで、手作りします。まず、木槌等を使って打ち込みをします。
形を整えて、外形を切り取り、裏から槌で叩いてしめていきます。
外形と底を整えるのに、旋盤に挟んで削ります。
表面もペーパーを当てていきます。
磨きも入れて、唄本体は完成。
カシラの部分に入ります。
切り離して、形を整えます。
カシラの、打ち込み用の足を製作して、取り付け用の座金をロウ付け。
カシラに取りつけ。ハンダを大量に放り込んで、打ち込みのときのへこみ防止のため、強度をあげます。
仕上げて、また磨きを入れて唄はこれで完成。