八双の製作に入ります。下絵を描いて、これを嫁さんが仕上げ描きをします。
地取りをして、
定規のほうも準備をします。
八双をとりあえず1枚だけ彫ってみた。
こんな感じになります。
八双の角も彫っていきます。
定規も彫って、木型に合わせていきます。
上下の部分。
錠前を含めた総八双のセットです。
仕上げをこれから嫁さんがやっていきます。
仕上げているところ。
もう1つの鍵、防犯用の鍵を取り付けられるそうで、その既製品に代わる鍵を2つ製作。
扉の八双のメッキが返ってきた。これですべて仕事は完了したので、もう一度確認後、取引先へ発送します。
錠前も、八双に載せてこんな感じ。