後門柱の上の部分の彫りが完成。
続いて、真ん中の真ん中。リンズ模様に、輪宝の紋を入れたものを彫っていきます。
真ん中の輪宝の紋を彫って、
ヘリを膨らませて、彫りは完成。
続けて、真ん中の上側の彫りへ入っていきます。
柄が入って、ナナコをまいていきます。
これは違う仕事ですが、雲の金具の打ち出しを、あいだに挟んで製作してきます。
あら出しが出来て
なましてヤニの上へ置きます。
彫りが彫れて、外形を切り離して、
嫁さんが仕上げていきます。
柱巻きの散らし金具は、上下柄が入ってナナコまき。大変・・。
上下彫れて、このように重なります。
根巻きの部分も彫って、彫りはこれで完成。
取引先の方から、関東の山車の完成写真を貰いました。この山車の話があってから、同時進行の仕事で、思っていたより色んな考えの食い違いがあってなかなか大変でしたが、こうして出来た写真を見るとホッとしますね。
天人の金具を彫っていきます。
天人が彫れた状態。
もう1つのほうも彫れて、切り離し。
次は、厚みを付けていきます。