錠前の注文を頂きましたので、こちらも図案を描きます。
錠前の菊を先に製作します。あら出しをして
ヤニの上に置いて、きめ出し。
切り離しをして仕上げます。
いつもと順番は違いますが、先に錠前の本体のフタの唐草を彫ります。
彫れて、切り離して菊座を取り付けます。
本体も地取りをして、石目をまいて、ヘリ打ちをします。
錠前のほうは、本体の箱の部分をロウ付け。
芯棒の製作と、ツボを本体にロウ付け。
鍵の部分の製作へと入ります。
ロウ付けして、擦り合わせ。
鍵の仕切りの部分を、3ミリの地金で製作してロウ付け。
錠前のほうは、バネの部分へと入ります。
擦り合わせをして、完成。
次は、取り外しの鍵の製作へと入ります。
錠前の鍵を製作して、細かい微調整に入ります。
錠前完成。あと、受けツボの製作に入ります。
錠前、受けツボと裏カゴを製作して、完成。