残りのホイルのへこみ。打ち込んで作ってハンダ付けしていきます。
タイヤにはめ込みます。
いよいよ、背中の中に入るメカの部分の製作。寸法取りをして、図面を描きます。
地金に写して、切り取って折り曲げ。
羽根の中に納まるように、大きさを微妙に調整して合わせていきます。
取り付け用のツメをハンダ付けしておきます。
後ろのもう一つのメカ部分。形状が難しく、羽根とかなり接近するので、羽根の中に納まるように寸法を考えて図面を描きます。
切り出して、組みつけていきます。
切り口をハンダ付けして、仕上げ。
本体に合わせていきます。
羽根の中に納まりました。あそびがないほどカツカツ。
この部分も、取り付け用のツメをハンダ付け。
横の羽根の取り付け用のほぞ穴を合わせて穴を開けます。
次はまた、このメカの上に乗るメカを製作します。それを製作したら、大まかな外形の大きなものは終わりかな。
もう一つのパーツの部分の製作。
色々マンガの画像などを見て、形状を見ていますが、まちまち。
迷いますが、少し寸法を変えて製作。
上に乗せて合わせます。
もう一度本体に乗せて、羽根に当たらないか確認。