メカブトンの背中に入るメカの部分。キットを乗せてみた。
羽根のカバーの部分。
製作の順番として、羽根のカバーを先に製作することにした。型取り。
ここまで出来たメカブトンを娘に見せると、人形を乗せて娘が遊んでいた。
羽根のカバーを切り出し、切り口をロウ付けしていきます。
だいたい形付けて、右と左別々で切り出したものを、また合わせてロウ付け。最終的にまた切り離しますが、閉めた時の合いを合わせるため、左右くっつけた状態で形付けていきます。
見本とも合わせながら細かく叩いていきます。
本体に合わせてみます。
だいぶ形が整ってきた。
角の後ろの三角の部分のパーツ取り付け。
次は、羽根の軸の部分の製作をしようかな。合わせるのがちょっと難しそう。
カバーをもう一度2つに分けて、合わせる時に磁石でくっつくように、磁石受けの金具を取り付けます。
開ける蝶番部分の製作もしていきます。
アール部分の角なので、なかなか難しい。
カバーの裏のモールド部分の製作。
ハンダのあら取り。
角部分の調整を何度も繰り返して補強していきます。