この本をベースにします。ヤフオクでの購入。
本の中には、実物大の完成写真。このマジンガーZは、マンガで見ていたマジンガーZを想像できる。
関節は基本的に、腕が上がる・足の付け根が曲がるくらいかな。ビニール製で売られているフィギアとよく似ている動きしかしないようだが。
組み立て図。基本的には紙と同じようにもっていきますが、紙の糊代などがありますので、省いたり展開図を組み替えたりの製作になっていきます。今は、製作内容を少し考えているだけで、実際にかかるのはもう少し後。
今日は祝日、上のお姉ちゃんが嫁さんの実家へ行ったため、午前中1人だったため、マジンガーZのペーパークラフトを出してきて、製作工程を考えていた。
これがまた、考えていると製作したくなってきて、来年からやる予定だったマジンガーZを、今日からやることに決めた。
マジンガーZの特徴のあるこの口と顎の部分から作ることにした。
図面では、顎の下の部分の厚みが省かれているため、その部分を足します。
あと、プリントで表現されている部分は、抜き取ります。
折り曲げ部分にタガネを入れて、折り曲げます。
軸の部分をクセ付けして、ハンダ付け。
少し仕上げました。
実物大のポスターに合わせてみます。
おぉ〜!かっちょいい〜!
ちょっとモチベーションが上がってきました!
角も丸めて、裏から突っ込んでハンダ付け。
鼻と目元の部分。
ペーパークラフトでは目の部分、1枚ものですが、大事な部分なので、目の縁の輪郭をハッキリとさせるため、重ねて組み立てて地金の厚み分の凹凸を製作していきます。
抜き取れた状態。
紙を剥がして折り曲げていきます。
このような小さなパーツで3度付け4度付けになってくると、あぶりは出来ません。
電気コテを使い、各箇所を固定してハンダ付けしていきます。
顎と合わせてみます。

・・・かっちょいいぃ〜〜!!
頭の上の部分と
後ろの後頭部の部分を組み立て。
次は、頭の上の壁の部分。