柱巻き金具の製作。鐘つき堂の柱巻き金具。径約1尺1寸もある大きなものです。現場が遠いので、簡単に現場合わせがなかなか出来ないため、型を業者さんが製作し、持ってこられました。
2枚継ぎの、横約1尺9寸。この大きさに根巻き金具を彫っていきます。なんと、つぼみも入れて牡丹の華が10個入ります。大変〜。まず、華と葉の筋彫りをしていきます。
突き出しと、外形を押さえて輪郭を出していきます。
華の間の唐草を彫っていきます。
柄が全部入って、
ヘリ出しをして、この後ナナコまき。
ナナコがまけた状態。あと7枚、続けて彫っていきます。
この前見積もりに行って来た神社の階段金具を製作します。図案を描いて、階段に紋を放り込んでくれとのことなので、紋を入れます。
紋6枚、彫っていきます。
ナナコもまいて
6枚切り離し。
根巻き金具の図案を、嫁さんが地金に写せたので、こちらも同時進行します。
紋、こし上げ。
6枚完成。
階段金具を彫っていきます。
柄とヘリを入れて、
ナナコをまいて、彫りは完成。
階段の金具6枚全部彫れて、仕上げは向こうの店がやります。