甲の型を、紙型でとって、
地金に写して彫りを彫ります。
鳳凰に合わせて、鳳凰の製作はこれで完了。続けて、小鳥6匹の製作へ入っていきます。
小鳥の型を製作します。これも、現在ある小鳥の図案の型を描き直し。
鳥の形状を引いていきます。
小鳥を抜き取って、羽根の形状をとるためにタガネを入れておきます。
やっと6匹の小鳥の本体の彫りが彫れた。
胴の部分を膨らまして、
次はパッチと足の部分の製作に入ります。
材料を切り出して、
パッチと足を組み立て。
尾と羽根をクセ付け。
ワラビに穴を開けて突き刺します。
6箇所出来て、次は鳥の頭と胸毛、そして甲。尻毛にも一工夫加えたいと思います。この製作も、普通の子供神輿よりは手を加えています。
少し仕事のほうのキリがついたのと、二人目の娘が首が座って、少し動かしても安心なため、家族で久しぶりに温泉へ行くことにした。
いつもは、北陸方面が多いのだが、淡路島のほうを嫁さんが選んだ。
天気も良く、この写真は、明石海峡大橋を走っているところ。
大橋をわたった次のSAで、家族で休憩。
なかなかキレイだね〜。
ホテルに着いて、ホテルのベランダから1枚。
海沿いの、景色が良く見える部屋にしてもらった。
部屋で子供がはしゃしで飛び跳ねているところ。
上の姉ちゃんが、跳ねているのを見て、下の娘がキャッキャと笑っています。
部屋には風呂がついていま〜す。
俺が、足が痛いため、子供らが遊べて、俺が温泉にたらふく浸かれるホテルを選びました。が、部屋に風呂をつけるだけで高くつくね〜。
朝5時に起きて、風呂に浸かりながらの日の出。
久しぶりの家族旅行。
次の日は雨ですぐ帰ったけれど、なかなか良かったです。
今度から、こっち方面の温泉も増やしていこうかな〜。