右左、彫りが出来て、切り離しをします。
頭の上だけをロウ付けして、合わせ目にドライバーを突っ込んで、広げてこのような形にします。
次は頭の首の部分の製作に入っていきます。
首の部分の製作に入ります。少し曲げた感じにします。仕事では、予算の都合でパイプにする場合が多いですが。
頭の裏の地金と首をロウ付け。
頭に合わせて中に放り込んで、ハンダ付け。
こんな感じ。
首の長さは、パイプを利用して胴と合わせていきます。
胴に突っ込んでこんな感じ。少し手を入れると、なかなかいい感じになるでしょう。しかし、本当の子供神輿・大人神輿には、ここまでの仕事は要求されません。
次は羽根の製作に入ります。羽根の画も、今までの型は使わず、新しく描き直します。
彫っていきます。
羽根の輪郭の部分を膨らませていきます。
羽根が彫れて、切り離し。
クセ付けをして、羽根の前の部分を折り返します。
2枚とも出来て、羽根は完成。
胴体に仮付け。
次は、尾っぽの製作へと入っていきます。