角のマスの材料を切り離します。
2つ合わせてロウ付け。
組み付けて、仕上げていきます。
また上に置いてみた。
マスの裏板となるマス箱を製作。
最終的にはこのマス箱にマスを取り付けて組み付けになる。三段にして組み上げた高さが、どれくらいになるのか分からないので、マス箱を長めにし、最後に調整する。
次の段階のマスを製作していきます。数が多いので、単調になり、大変。
小さなマスを削っていきます。
一段目を組み立てていきます。
小さなマスが取り付けられた状態。1つ1つ擦り合わせをしなければいけないので、非常に時間がかかります。
2段目のマスの組み付けをしていきます。
2段目のマスの角の製作をしなければなりません。
角のマスを製作していきます。
六角神輿のあぐらを、同期の木地師に製作してもらった。
神輿の重量があるので、どっしりとした強度のあるものにしてもらった。
神輿を乗せてこんな感じ。