波の下絵を描きます。
彫っていきます。
彫れた状態。
切り離して
はめ込んでみました。少し奥に入りすぎたので、前のほうに出したいと思います。
ナットを3つ裏にハンダ付けして、ナットの厚み分前に飛び出るようにしました。
胴にはめ込む、上側に取り付ける鳳凰の下絵を描きます。後ろには雲、鳳凰は首・羽根・胴体と3つに分けます。木製でも同じようにやりますねぇ。
地金に写して彫っていきます。
彫っているところ。
鳳凰の彫りが完成。
後ろの雲も彫っていきます。
彫れたところ。
切り離して、組み付けていきます。
このように、鳳凰を組み付けます。
バックの雲も取り付けて、このようになります。少し木彫りに似たような感じになります。
胴に擦り合わせてはめ込みます。
胴の一番上、マスを受ける井桁を製作します。
この部分も直接柱にマスが乗る場合もありますし、このように井桁を1枚かます形にするときもあります。
この部分も、上等の方の製作にし、マスも合わせやすくなるので製作します。
5ミリの真鍮版を使ってくり抜き、切り口を仕上げていきます。