まずは、どんなイメージかということで簡単な下絵をフリーハンドでシャラシャラと描きました。細かいところは色々変更していくと思いますが、台の形も六角にしていくつもりです。
まずは、六角の台輪の天板を製作。展開図を描いて
地金に写し、カットして縁板部分の面に彫りを入れます。
彫れた状態。
折り曲げます。
縁板の面の上金具を製作します。地取りをして
彫りが完成。
切り離して
仕上げて
取り付け。取り付けは、かなくり。・・まったく仕事しているみたい。
台輪の厚みの部分の地金を用意して、折り曲げ。
補強用金具も用意して、同時にハンダ付け。
仕上げてこんな感じ。
台輪の底の部分にも真鍮のアングル材料を買ってきて取り付け。
少し台輪がどしっとした感じになると思います。
次はかき棒を製作。
また挟み物に挟んでロウ付けしていきます。
1本なんとかロウ付け出来ましたが、長さが3尺あり、厚みは2ミリの地金を使っています。それでもひずんだりひねれたりと悪戦苦闘ロウ付けです。なんとか頑張ってあともう1本やります。
かき棒なんとかもう1本出来ました。
真鍮の角パイプが色んなサイズが売られているので、最初はそれを使おうかとも考えていました。
しかし、パイプは真っ直ぐなため、味気ない。
実物のかき棒も、棒のはな先に向かって少しテーパーがついています。
この製作したかき棒も少しテーパーをつけて製作しました。
表面を仕上げていきます。