この六葉と同じものを1つ製作します。
まず、嫁さんがこの六葉の型作り。
製作した下書きを、地金に写して
彫り完成。
六葉の製作といっても、このように先に彫りを入れてから形付ける方法と、六葉の形にしてから彫るのと、2通りあります。
今回は見本がこのように先に彫るタイプだったので、同じようにもっていきます。
形付けていきます。この六葉の製作で難しいのは、形にするのは簡単、古の金具に合わせるということが難しい。
だいたい合わせられました。
座を製作。
カシラもあわせて製作していきます。
六葉完成。
立ち上がりが大きかったため、思っていたよりは時間がかかってしまった。