反対側の龍も描いて、仕上げ描きは嫁さんにでもやってもらおうかな。これを鳥居の柱に巻きつけるので、かなり小さくなってしまうなぁ。
龍を彫っていきます。まだまだ、モチベーションが上がってきません。ちょっとずつ元へ戻していきたいと思います。
龍を彫っていきます。だいぶモチベーションを取り戻してきた。
彫れた状態。
嫁さんにも手伝ってもらいます。イトノコで抜き取りをやってもらいます。
もう1種類の龍を彫っていきます。
こぼめて、銅線を使ってヒゲをつけようと思います。
取り付けた状態。
もう1種類の龍にも取り付けていきます。
取り付け完了。
鳥居に1つ被せてみた。うちらの方ではこのように鳥居の柱に龍を取り付けます。いよいよ、次は胴の製作に入っていきます。
胴の横サンの図面を描きます。6面繋ぐと長くなりすぎて、仕事がしづらくなるの半分に分けます。
地金を用意して、折り曲げしろに溝を入れて、丸柱の部分の切りくわしを入れます。
折り曲げて、このように合わせて六角にします。
角の柱になる丸パイプを用意して合わせていきます。
胴を組み上げていくにあたって、つらの上金具を製作しなければならないので、先に製作をします。
上金具を仕上げて、横サンにかなくって取り付けていきます。
3組取り付けられたところ。