これは嫁さんが、図面から原寸大に大きくしている関東型神輿の大鳥。関西型との違い、分かりますか?
こちらも同時に進めていきます。まだ準備段階です。
現在やっている仕事は、関東の神輿の上金物を彫っています。
関東の神輿の大鳥を製作します。関東側の神輿というのは、自分の地方で作る神輿とは全然違っていて、感覚も違います。大鳥に関しても、足から胴体、首にかけては鋳物なのです。そして羽根、尾の取り付け方も違います。細かいところはまた徐々に説明をしていきたいと思います。まず胴を製作しますが、鋳物は使いません。関東側そのままの製作をするのではなく、関西側の技術で関東の大鳥を作ろうというわけです。
胴をしめた状態。
首のところに、裏から地金を足して合わせてクセ付けしていきます。
ロウ付けして、首の裏を付けた状態。
ストーブの上でヤニを入れていきます。
胴の彫り完成。いつも彫る大鳥よりも、柄的には粗めにします。この2つ膨れているところは、足が付くところ。この大鳥は、足をロウ付けする予定。
パッチを製作。
パッチを胴にロウ付け。
足の下絵を描いて、この足の指はあの平等院の鳳凰の足の下絵をベースに描き直します。
羽根もこのように下絵を描いておきます。下絵は嫁さんの仕事。
突き出し型と、下絵を地金に写して彫っていきます。
あら出しが出来たところ。
際押さえをして、
切り取って、足の部分完成。
足をロウ付けで取り付けて、この部分は完成。
次は尾っぽの製作にかかります。下絵を描きます。このように、上に上がってまた下がる形になります。
地金の厚みは1.5を使用します。
足の裏の爪をどうしようか迷っていたのですが、付けることにしました。
顔の図案も描きます。
頭を彫っていきます。
後ろの火炎の尾っぽの型作りをします。
自分は顔を彫り続けます。あら出しが出来た状態。
キメ出しが出来た状態。
ヤニを入れて表面彫り。もう片方も同じようにもっていきます。
右と左を合わせて、この鳳凰は、ハンダではなくロウ付けをします。
胴体に取り付け。これもロウ付け。
後ろの尾の製作へと入ります。