地覆を擦り合わせてはめていきます。これが、ひたすらヤスリで削っていきますので、時間がかかる。
縦塚をロウ付けして、またはめ込む。
平桁を合わせて
真ん中にまた塚をロウ付け。明日はホコギ。
二重台輪の高欄、ホコギを製作して、丸柱をカットしました。
次は、昇り高欄になります。
昇り高欄の地覆。ワンサイズ小さくした。
合わせていく。
折り曲げたところにロウ付け。
柱と柱の間隔に合わせて地覆を擦り合せていきます。
平桁の材料も用意します。
縦塚も製作し、地覆と平桁の間も調整します。
地覆と平桁、その上に付く塚、いっぺんにハンダ付けし、残りの12組を組み立てます。
それをまた柱と柱の間に合わせて擦り合わせをします。
ホコギも12本製作します。
これで昇り高欄完成。
次はまた上金具の製作に戻ります。
鳥居の根巻き、高欄金具、それが出来てから、ようやく胴の製作に入れると思います。
思っていたより、時間がかかる。
約6ヶ月の予定の製作は、少し無理かもしれない。