ダイワの金具へとかかります。
獅子を乗せてみた。
金具本体は、銀メッキ。
獅子は金メッキ、と色分けすることになります。
嫁さんも、彫れたものからぐるりを押さえていきます。
ダイワの金具の仕上げが完成。
22日は、去年の暮れから今年にかけての大きな仕事、兵庫県三木市新町の布団屋台が完成し、お披露目式に呼んでいただいたので、行って来ました。心配された天気も何とかもち、雨降ることなく無事に執り行われました。
写真を撮ってきたので見てやって下さい。
この三木市は祭りの盛んな地域で、数多くの人が来られていました。
新町は黄色いはっぴ。色んな人がいる中でも、目立った黒い集団の方達が居ました。『男は祭りじゃ』なかなか迫力があっていいですねぇ〜このTシャツ俺も欲しい〜
この写真は携帯なので、またデジカメで撮った写真でまとめたところを見てやって下さい。
遅くなりましたが、大きな金具はこれが最後。
台輪の角の丸柱、ギボシの下に取り付ける金具です。
波の上に鯉を泳がせる予定。