鳥居の材料を用意します。
図面の上においてみました。
そーっと台輪の上に2つ置いてみました。うわ〜・・鳥居の傘が当たってる・・。当たるなら当たるで、最終、裏で角を繋いでしまうかも分かりません。その方が強度が出ますからねぇ。これを当たらないようにしようと思うと鳥居がすごく小さくなってしまうんですよねぇ。
とりあえず1つ組んでみます。これも組み順を考えて、積み重ねていくように考えます。順番を間違えたりするとあぶりは出来ません。
最終の一番上の傘をハンダ付けします。
とりあえず1つ出来たので、台輪の上に置いてみた。背が高いと思うので、もう少し背を低くしたいと思う。取り付け方法も現在考え中。しっかり固定できるようにと、メッキをするため外せるようにと考えなくてはならない。
鳥居6つハンダ付け完成。
はみ出たハンダを掃除。
台輪の鳥居の立つ位置に穴を開けていきます。
やっと出来た〜。なかなか金属なので大変。
突っ込んでみた。
次は、階段の1段目が鳥居に食い込みますので、食い込み位置に穴を開けます。
これで階段は、鳥居と二重台輪で押さえつけられて固定。あと、鳥居と鳥居の間にコウランと昇りコウラン、二重台輪の角のコウランを製作、という順番になります。またこれも合わせながらの製作なので大変そう。
もう一度かき棒に乗せてみた。
次は、鳥居の上金具。仕事だと、鳥居の上金具全てを地取りしてから彫っていくわけですが、この神輿に関しては、仕事と同じようにはしません。効率良く彫りを彫る場合にはまとめて彫るのが良いのですが、この製作は趣味=技術アピールで製作していますので、イメージして製作していくほうを優先します。
鳥居の傘の部分だけ彫りました。うちらの方では、鳥居の傘には雲を彫ります。別に唐草でもいいのですが、子供神輿と同じような感じにしました。
鳥居の間の金具を彫ります。この部分の金具も値段の安いタイプは、ドジョウ華にします。(簡単なハナ先)今回は、ギボシ華にして、鳥居の裏側にも金具を付け、表裏同じになるように製作します。
金具は乗せているだけ。この鳥居の金具は、メッキが出来てからの取り付けになると思います。
鳥居の真ん中の金具の彫りが完成。
この後、切り離して仕上げます。
乗せてみた。
このような形になります。
取り付けはしません。