二重台輪の角金具に入ります。
彫り完成。
折り曲げて仕上げます。
取り付け。
こんな感じになります。段々と豪華になっていくと思います。
次は鳥居の製作。
取り付ける大きさをできるだけ大きくするように考えて下絵を描きます。
やはり、六面1つずつ付けるとかなり角が接近するみたい。もうこれ以上小さくすると貧弱になってしまいますので、いっぱいいっぱいでいきます。
まずは、鳥居の一番上の傘の部分の展開図を描きます。
切り離した状態。
折り曲げて
ハンダ付け。
次は天板を取り付けます。
天板は溝を入れて折り曲げて、折り曲げた山が潰れないように銀ロウを流し、このようにアールに沿って押し曲げます。
天板ハンダ付け完成。
余分にはみ出た部分をカットして仕上げ。
次は、鳥居の二段目部分。
切り出して
折り曲げてハンダ付け。
重ねてみた。
この部分はまだ取り付けはしない。
柱を取り付けてから、鳥居の傘は最終の取り付けになりそうだ。