これはてっちゃんさんからもらってる仕事、提灯金具の型です。
雲と波を1社分彫っていきます。
彫れた状態。
この後切り離しにかかります。
外形が抜けた状態。
てっちゃんからメールが来て、もう1社分追加をもらいました。
波の筋入れをしていきます。
雲も入れていきます。
彫りが彫れた状態。
これから切り離しにかかります。
切り離し完了。
丸めていきます。
底の部分をハンダ付けしていきます。
数が多いのでなかなか大変。
丸めて底を付けたものを、嫁さんが仕上げていきます。
底の部分の地金を用意して加工します。
焼きなましをして丸めていきます。
上になる部分を雲のほうに取り付け。
嫁さんは、リューターで仕上げ。
取り付けた部分にハンダを流し込んでいきます。
下になる部分の底を付けていきます。
底の部分を、重ねて取り付け。
それをまた波の方に取り付け。
菊製作。
これだけあります。
彫っていきます。
底の部分の菊も彫っていきます。
これで提灯金具2組完成。