獅子も、ようやくあと1体になりました。
獅子の仕上げを、サムライの兄ちゃんがやっていきます。
俺は最後の1個。
龍が完成。メッキが返ってきて、目・口の色付けをして、あとステンレスで髭を製作して取り付け。
水鳥も完成。屋根の金具はあと、東西南北を示す四神、キトラ古墳の図案を利用して彫る予定。
ダイワの金具へと入ります。また松竹梅を彫る予定。下絵を描いていきます。
サムライの兄ちゃんは、竹の柄を透かしていきます。
角に龍を取り付け。この下に獅子を取り付けることになります。
四神を地金に写します。
玄武。
朱雀。
青龍と白虎を彫って、四神が完成。
次は、角柱に取り付ける鯉を製作。
合計8匹製作します。
鯉の金具のあら出しが出来たところ。
獅子のメッキが上がってきたので、目と口に色を入れます。
このような形で取り付けをします。
四神も、メッキがあがりました。
四神は、この井桁の真ん中の金具の上に取り付けることになります。
屋根の方は、あと水鳥が返ってきて取り付ければ、ほぼ完成。
ヤニの上に置いて彫っていきます。
彫れた状態。
8匹全部彫れました。この後切り離しをしてまたメッキに出します。