ハンダ付けが出来た状態。
この後仕上げに入ります。
カンのツボ座にこのように菊を二重にして使用します。
ツボを製作します。
カンの方にも軸を取り付けて、このような感じにします。
残りのカン3本も出来ました。
カンを取り付けて完成。
次は、水切り金具の松竹梅の金具の製作に入ります。
細かい表面の表現をタガネで入れていってもらいます。
カンは、水切りのこの部分にこのように取り付けます。
上から2段目の水切りの上金具が彫れた状態。
水切りの松の金具を、膨らませていきます。
竹も同時に彫っていきます。
松が彫れた状態。
だんだんと屋台の屋根が金具で覆われていきました。、
竹の柄が入りました。
ナナコをまいて竹完成。
次は間金具の梅。
サムライの兄ちゃんも雲がもう少しで完成。
もう一人の兄ちゃんは、鳳凰の胴を叩き出し。
俺は、鳳凰の羽根の図案を描いて、思案中。
梅も4枚彫りかけます。
梅も1枚彫れました。
鳥の胴もだいぶ出来てきました。
サムライの兄ちゃんは、その鳥の尾っぽをタガネで切り離してもらいます。
嫁さんは、羽根の筋を入れていきます。