長押金具。
釘隠しともいいますが、六葉に代わるようなものです。
これと同じものを4組製作します。
見本に合わせて膨らませていきます。
微妙に合わせて仕上げていきます。
裏座を製作し1つ1つ合わせていきます。
中の座の製作。
細かい模様が彫ってあるため、なかなか大変。
出来た状態。
切り離して、古と比べます。
アタマはいらないということだったのですが、アタマだけないのはどうも気持ち悪いので、6個ほどなので、製作しちゃいます。
このようなアタマを製作するときに、このサイコロの打ち込み台は非常に便利です。
打ちこんでいきます。
6個のアタマが完成。
足をロウ付けします。
そしてアタマがなまってしまっているので、強度を持たせるためにハンダを流し込みます。
完成。