華曼の八双をタガネで抜いていきます。
柄入れ。
つぼを製作します。
カンを付けて完成。
八双の上にくる菊座をハンダ付けしてもらいます。
前回同様こんな感じに組み上げます。今回は、八双の敷き座はなしにします。
房を彫ります。この金具も前回と彫り方を変えて、まっすぐの筋は引きタガネで引かず真っ直ぐのタガネで打ち込みます。
凡字の取り付け方法も変えます。前はネジを取り付けていましたが、割り足に変更しました。
華曼の房金具をあぶり付けで2人に挑戦してもらいます。
華曼のメッキが返ってきたので、サムライの兄ちゃんに組み立ててもらいます。
華曼の組み立てを、バイトの兄ちゃん2人にさせていますが、先に見本として1枚完成させた。
華曼7枚完成。梱包して業者さんに送ります。