これくらいの大きさの金具になると、製作方法はいろいろあるのですが、前の大きな金具と同じような方法でやってみる。
とりあえずタガネ合わせに1つだけ完成させてみる。裏からまだヤニには使わず、荒出しをしていきます。
表も押さえていきます。
荒出しが出来たので、次はヤニの上に乗せて彫っていきます。
彫りが完成。
切り離して、こんな感じ。続けて残り7個同時に彫っていきます。
吊り金具をこのように合計8個製作します。
蝶の真ん中にこのように取り付けます。
屋根のツラに金具を合わせていきます。
もう1人の兄ちゃんは、雲の彫り。
俺は次の金具の図案を描きます。
屋根の水切りの金具の合わせ作業も続きます。
彫りの方も進めていきます。
雲もだいぶ出来てきました。
華曼の組み立てが終わり、また屋台金具の製作へと入ります。バイトの兄ちゃんに、また押さえの仕事をやってもらいます。
元サムライの兄ちゃんはそれを透かします。
金綱を通す、屋根の水切りに取り付ける大きなカンを製作します。
角ばったカンではなくて、丸みをおびたタイプにします。
まだまだ打ち込んで厚みを付けていきます。
透かし金具も進めていきます。
水切り金具を擦り合わせていきます。
最後の水切り金具の図案を描いて、現物合わせ。ここの水切りには松竹梅を彫ります。
2段目の水切り金具の彫り。
嫁さんは、松の部分のとげとげを彫っていきます。
こんな感じ。
大きなカン金具は、キワ押さえに入ります。
サムライの兄ちゃんもイトノコもう少しで終わり。
まず1つ、組み上げてみる。背中合わせにしてハンダ付け。