このような特注のけまんも製作します。これは私のデザインの作品です。真ん中には火炎の中に盆字が浮かび上がるようにします。
メッキをし、コーティングをして完成です。
華曼の製作に入ります。これは前に3枚製作した華曼とほぼ同様の華曼で、一回り大きくなり、真ん中の凡字を変えて1枚製作します。
華曼を彫っていきます。
華曼へとまた戻ります。手持ちのタガネが合わないので、大至急タガネを製作しました。このように、仕事をしていてタガネが合わない時にはタガネを製作して合わせていきます。
彫れた状態。
切り離します。
下の蓮の部分を彫ります。
凡字の後ろの鏡の部分の製作。
次は房の部分の製作に入ります。