スミヨウラクのカシラのギボシを製作。
6個削り出し完成。
1組こぼめて、このように組んでいきます。
全部こぼめます。
吹き返しの間にもパイプを挟んで、高さ調整。
吹き返しにパイプをハンダ付け。
6組、スミヨウラクの傘本体完成。この後、ギボシにカンを取り付けます。
スミヨウラク吊りを製作。
屋根に取りつけ。
スミヨウラクにヨウラクがぶら下がるわけだが、鳥居のカサとかなり接近。メッキから返ってきてから、寸法を図ってからの製作になります。ランモンの前に吊ろうと思っているケマンの製作に入ろうかと思います。
神輿の銅のトチョウを先に製作することにします。実際は、布製のものを前に掛けるのですが、なんとか金属で製作します。最初は、七宝模様を彫ろうかと思ったのですが、せっかくの扉が全部隠れてしまいます。そこで、透かしにして隙間の率を多くして、後の扉も見せようと考えます。仕事での巴の紋と七宝模様のデータを利用させてもらって、製作することにしました。
地金に貼り付けて
抜いていきます。細かいので、時間がかかってなかなか大変。
まず1枚抜き取って、上にツボとカンを取り付けて完成。
胴に吊ってみた。続けて連続で残り5枚製作します。その後、この前に鏡を取り付ける予定。
トチョウ6枚引けて、取り付け。
続けて鏡。
1,2の地金で引きます。
鏡を叩いて、少しアールをつけて、吊りカンを取り付け。
本当は、この部分も紐でくくり付けて取り付けが多いのですが、このようにカンで引っ掛けてぶら下げることにします。
吊り下げて、こんな感じ。
鏡は、銀メッキにしますので、またここら辺は金と銀の反射でキレイになると思います。
次は、前から言っていたケマンを製作しようかな。