かなり昔に製作した銅額が売れたそうです。おそらく、十何年か前に製作した銅額で、文字だけ今月製作しました。年末までに納められるそうです。
額を納めた後輩から、写真をもらいました。
取引業者さんと、仕事の話で石山寺に行ってきました。去年納めた銅額が飾ってありました。
そしてこの銅額と同じタイプですが、大きめの3尺5寸の銅額の注文が入りました。型をこさえて製作開始。
額を四方彫っていきます。
裏当ての地金を当ててハンダ付けし、外形をカットしてこれから組み立てに入ります。
額は組み付けに入ります。
裏の地金もハンダ付けしていきます。
ぐるりの仕上げと、中板を製作していきます。
額の隅の金具を製作します。
前の小さいやつの、大きい版ですね。
4枚製作。
額に合わせます。
額の材料が来たのでまた製作開始。中の枠組みを組んで
その上に乗る上金物を製作します。
上金物を切り離して合わせてみる。
組み立てをしてこれで額は完成。
額の文字が彫れた状態。この後、切り離しをします。
前製作した額が売れたので、もう一体同じものを店に置いておきたいということなので、同じものを製作します。
前に製作した額が出来ました。この頃額がよく出るなぁ。
前の額が納まったと、後輩から写真を貰いました。