船尾の旗も製作しました。キットでは最後のほうにでてくると思いますが、警告板の製作と同じように写真用の紙に転写します。その紙は厚みがあるので、カッターナイフで薄くはがします。そして0.3ミリの地金に貼り付けます。私は原寸図に載っていたこの旗のほうが、風になびいているような形なので、キットに入ってくるま四角の旗よりはいいと思います。そしてなびいている様に、さらにくねくねと地金を曲げてあります。
取り付けたところです。なぜが少し斜めになっているんですね?なびいているようで、なかなか気に入っています。
これまた細かいパーツ、10個も製作しました。ほとほと嫌になります・・・。まだあるみたいですねぇ・・・。
塗装したところです。私はせっかちなので、早く乾かす為にこのクソ暑い中、石油ファンヒーターであぶって早く乾かしました。熱を持たすことによって焼付けになります。自然乾燥よりも強いのです。そのかわり気をつけないといけないこともあります。熱を持たしすぎると、塗料がふくれることもあります。金属だからこそ、焼付けが出来るのです。木製はもちろん出来ません。焼付けがなぜ強いのか、私にほ詳しく分かりません。塗装のプロのてっちゃんさんならお分かりかと思います。
パーツを取り付けたところです。
ストリームアンカーの製作。BBS1で管理人さんに教えていただいた写真を参考に製作しました。非常に小さいですね。
船首のほうに取り付けました。プラスチックモデルにも付いています。映画のタイタニックを調べてみると、付いてないと思っていたのですが、
付いていました。
後尾のほうにも取り付けています。映画でローズが飛び込もうとした場面でチラチラと映っていた、ストリームアンカーのようです。
鋳物パーツを見本にした製作。
いよいよ最後!
同じような形のものばかり・・・。
やっと出来ました。
もうよく似たものがこれからはないみたい
なので、ホッとしています。
塗装して取り付けました。
図面を見ながら取り付けているのですが、
よく似た箇所なので途中で迷ってしまうことが
あります。
ライトを前から当てて、写真を撮ってみました。