直径約1尺5寸5分くらいの大きな紋を製作します。
鉄板3ミリに8分のベニヤを貼り付けて、コンテでこのように一緒に引きます。
引けた状態。
これをもう一度はずして、鉄板をベニヤの裏側に貼り付けなおします。
このように反対向きにして、ネジ止めをしていきます。
地金は厚手を使います。
1.5ミリ。
足で踏んずけて跡付けします。
抜いた型も無駄にはしません。
このように、ベルトサンダーで丸めていきます。
裏から突き出し用のアテにします。
かちこんでいきます。
だんだんと出てきました。
更に何度も焼きなましをして同じ工程を続けます。
大分出てきました。
裏からも木づちで叩いて、いよいよ決め出しに入ります。
木の突き出し用で、キワを押さえていきます。
いよいよ固めていきます。
裏に、丸いところを当てて、裏から金槌でしめていきます。
巴の表面をペーパーで整えます。
石目で、地金を押さえていきます。
そしてぐるりだけ部分なましをします。
ヘリを曲げて、整えていきます。
紋の上座の厚みの部分の地金を片方だけ叩いて反らせます。
それを反ったまま腰上げをしていくと、真っ直ぐではなくテーパーが付きます。
ハンダ付けが終わった状態。
紋を乗せてみる。
ネジをハンダ付けして、この2つを取り付ける準備をします。
上座と紋を取り付けるネジをハンダ付けして、組み合わせてこれで完成。
巴を3つ製作します。
彫り膨れでいいとのことだったのですが、少しでも凹凸を出すように、木型を制作します。
強度を持たせるために地金に貼り付けます。
このように彫っていきます。
ナナコをまいて3つ完成。
木瓜の紋を大至急彫ってほしいと言われました。賽銭箱の真ん中に付ける紋らしい。
完成。仕上げは、向こうの店のおっさんが仕上げられます。