これは、四国のお祭りで使う屋台の金具の製作です。
これから仕上げに入ります。
四国屋台金具の仕上げです。
クセ付けをして、木型に合わせていきます。
メッキが出来ました。
これは磨いて金メッキをした状態。
桁木口金具の製作。
地取りします。
鼻先とヘリを打っていきます。
彫りを入れます。
切り離します。
先に折り曲げます。
ここも、浜松と同じで木口に文字を入れられます。
そのため、木口の部分の展開図をこのように描きます。
文字を彫り、折り曲げの溝を入れ、内側に曲げます。
そして木口のはめ込んでハンダのあぶり付け。
このように、落としになります。
木口金物で落としにすると、一つランクが上になります。
このようにケタにかぶるわけです。
あと7個、頑張って製作します。
8個製作完了。
この後メッキ屋に出します。
四国のケタ木口金物のメッキが上がってきました。
コーティングして出来上がりです。