このような灯篭を一体だけ製作します。
製作にかかります。灯篭の胴体・カキの部分です。黒いところをイトノコで抜いていきます。
透かしの部分をイトノコで抜いていきます。
2枚目へと入ります。オリジナルなので、ひとつひとつ柄が違います。
灯篭のカキの部分を6枚ひいていきます。
これはイトノコをひいているとことろですが、いつもひいているのと少し違うの分かりますか〜?引き台を思いっきり斜めに寝かせています。これは金具の外形を斜めにするためにしています。滅多にこの方法はしませんが、灯篭の足6枚だけなのでやってみました。真っ直ぐひいても、ヤスリで斜めに仕上げるわけです。それをこの方法で少しカバーしてやろうというわけです。この方法を使うときは、主に仏壇の透かし金物が多いですね。ヤスリが入らないほど小さな透かし金物もあります。そのような時はこのようにするのです。
ひいているところ。非常にひきにくい。歯が折れやすい。地金の厚み以上の厚みをひいていることになります。一言で、しんどい、ということです。
ひけた状態。少し分かりづらいですが、斜めになっています。地金は1,5ミリ。
彫っています。
彫れました。この後5枚連続でやります。
6枚彫れました。
カキの透かしの部分彫っております。これも続けて6枚彫ります。
上の透かしの部分の彫りが終わりました。
下のモッコの部分に入る鹿と玉を彫っていきます。
彫れた状態。
それをカキに裏からハンダ付けします。
扉の部分に兆番をかなくります。
灯篭の下の台を製作し、足をとめていきます。
全部取り付けが終わりました。
穴の開いた真ん中の部分のくぼみに入ります。彫りぶくれだけで上手く膨らむと思いましたが、1.5を使ったのであまり膨らまず、結局叩き出しをしました。全体にツチメが出るので、それをペーパーで取ります。
ペーパーで取った状態。
それを穴に放り込み、ハンダ付け。
仕上げてこの部分も完成。
灯篭の胴体の角に来る補強金具の製作。
横なげしの製作をします。
角金具を取り付けて、これで1組完成。あと3組製作します。
横なげし完成。
縦塚を立てていきます。仮に置いてみました。こんな感じになります。
灯篭の胴の部分を固めていきます。
カキの部分をはめ込んでみます。
骨の厚みをハンダ付けしていきます。
胴の骨組みが完成。
カキを取り付け、扉も取り付けます。
スタンドライトを胴に当てて、どんな感じになるかやってみた。いい感じ〜。デザインがいいからでしょうね!