手すりを取り付けたところです。
大きな寸法の違いもなく、取り付けることが出来ました。
キャップスタンの台座を、鋳物パーツに合わせて
製作しました。
救命ボートダビットの台座の製作。
これもまた非常に時間がかかり、組み付けはハンダ
付けをしました。
ボートダビットのアームを取り付け、白く塗装した
ところです。
救命ダビットを取り付けてはいません。これから先の
製作のことを考えて、取り付けずに、置いているだけ
です。
クレーン本体の製作。これも鋳物パーツに合わせて
製作しますが、かなり大変でした。
これは、クレーンを収めた所のついたてのようなもの
です。自分で調べて製作しました。
私は、クレーンを収めた状態で船に取り付けをします。
キットでは、クレーンの作業中のような形になって
いますが、私はあまり好きではありません。
船が出港したときの状態を表現したいと思います。