台の名板と軸に金箔を押しました。あと、金箔の保護の
為にクリアーをかけました。なかなかいい感じに
仕上がったと思います。
デッキの上の製作がかなり進みました。
キットで煙突が出てくるのはまだまだ先なのですが、
ここまで出来てくると煙突を製作したくなりました。
創刊号の図面を原寸大の大きさにすると、煙突の形状が
分かるので、製作することにしました。煙突とちょうど形が合う
パイプがありましたので、それを万力に挟んでゆっくりと
卵型に潰していきます。煙突の下に4ミリの地金で蓋を
しました。下にドリルで2本穴を開け、ネジをきってネジ留め
するようにします。これからの製作で、煙突の取り外しを
何回もしなければならないからです。
天窓は丈夫にしたかったので、1.2ミリの地金で上下別々
で製作して組み合わせるようにします。
小さいほうも同じような製作にします。
4つ目の煙突天板の向きを間違えました。
先々進むので、間違うこともあります・・・。
ハンダなので、あぶって外して付け直しました。
救命ボートも先に進めることにしました。
先に救命ボートの板の筋を、タガネで入れます。
そして突き出すのに、突き出し型のタガネを鉄で
作ります。そして受けのほうは、ケヤキの木に溝を
彫ります。そして、その間に地金を置いて、突き出し型の
タガネを当てて、かなづちで打ち込みます。
煙突はオーバースケールなのですが、黒と黄色の境目に
出っ張りがあると思います。木製キットでは、表現されない
みたいなのですが、でっぱりがあったほうがカッコいいと
思うので、銅線を巻いてハンダ付けをしました。